プロフィール

人となり

名前

上野文寛と言います。

年齢

平成元年生まれで今年29になります。

出身地

大阪府吹田市出身です。

趣味

走ったり、バッティングセンターなど身体を動かすことと将棋です。
中学の時は野球部で高校は陸上部でした。

学歴など

大阪府立春日丘高校卒業、現役で大阪大学理学部物理学科受験するも不合格になります。
大手某予備校で1年間お世話になり、大阪大学理学部物理学科を再受験するも不合格になり、宅浪することになります。

宅浪で精神的には多少疲弊したものの、勉強法を変えてからは成績が急激に上昇し3年目にしてようやく大阪大学理学部物理学科に合格します。

学部では、物理漬けの生活を送っていましたが、物理における数学の扱い方に不満を抱くようになりちゃんと数学がしたいと思うようになりました。

院試では、大阪大学理学研究科数学専攻と物理学専攻両方を受験し、両方合格しました。

結局大阪大学理学研究科数学専攻の方に進み、修士課程を修了しています。

実績

元々大学2回生の頃から中高生に勉強を教える家庭教師のアルバイトを始めました。
4回生の時に初めて社会人に位相空間論を教える家庭教師のアルバイトをしてから、大学生や社会人相手に数学と物理を教える機会を事あるごとにこなしてきました。

大学院時代から就職するまでに10人以上の大学生を指導してきました。
実際に指導していた大学生の所属は大阪大学、関西大学、同志社大学、立命館大学、大阪薬科大学、神戸薬科大学、兵庫県立大学、武庫川女子大学になります。
指導内容も数学では線型代数、微積分、位相空間論など、物理学では量子力学、熱力学、力学、電磁気学などを中心に指導経験があります。利用方法としては主に以下のようなものがありました。

  • 単位が取れそうにないからなんとかして欲しい
  • 単位は取れたけど、実際全然理解できている実感がないため来学期に向けた復習をして欲しい
  • 効果的な物理または数学の勉強の仕方を教えてほしい
また社会人の方向けには、最先端の数学や物理の理論に触れてみたいという要求に対し勉強方法の提案をしたり、場合によっては中学・高校レベルの物理や数学に立ち返り直接指導するというなど要望に合わせて臨機応変に対応させていただいております。

勿論大学レベルの数学・物理の指導も可能です。

その他には教員試験のための指導経験も1名あります。その方は合格されました。

数学・物理専門の家庭教師を始めた理由

元々アカデミックの世界で研究者を目指していた私が、今家庭教師を始めた理由は2つです。

  1. 安定したポストを大学や研究機関で見つけることは困難だが、数学と物理に携わる仕事をしたい
  2. 大学レベルの物理や数学は極めて高度であり、一人で勉強を始めても挫折してしまう方の力になりたい

1つ目は個人的な動機になります。

2つ目の理由は私自身物理や数学の難しさに何度も打ちのめされていて、現在もそれと戦っている人間の一人という自負があるからです。

特に現代数学って素人が勉強するには難しすぎるんですよね。しかも学ぶ目的は人によって千差万別のはずですけど初心者には違いがよくわからない。というか何を勉強したらいいかもわからず、手当たり次第に勉強してしまって一向に目的の本当に理解したいものに到達できない。ということが簡単に起こり得ます。

例えば、量子力学の基本を最低限理解するのに必要なのは線型代数、微分積分と簡単な微分方程式の解放の知識くらいです。本当はそれこそ個人によって量子力学の定義が違うのでなんとも言えませんが、物理をやる上では本当にそれぐらいで大丈夫です。

それが今は情報が多いので、量子力学の状態空間はヒルベルト空間なので関数解析の知識が必要だ。それを勉強するにはルベーグ積分を学ばないといけないし、集合と位相についても勉強しないといけない。今述べたことは間違ってはないですけど、重要なのはあなたが何をどこまでわかりたいかです。

本格的に学習を始める前に何をどこまでわかりたいかを明確にしないといけません。つまり目標設定が大切です。

目標を私と一緒に設定してから、学習をスタートさせることで高いモチベーションで継続していきませんか。

似たような話で、一般相対性理論やる前にRiemann幾何学勉強したほうがいいのと聞かれることもありますが、それも同じで私は物理側から攻めるならいらないと思います。そもそも一般相対論は正定値な計量ではないので数学としてはLorentz幾何学と言いますし、これをちゃんと勉強してから一般相対論の研究者になるような人は先ずいないでしょう。

本格的に勉強を始める前に、見通しを立てておくことが大事なのです。何がわかるようになるかをあらかじめざっくり知っておく。これが独学では難しいところです。

お力に慣れることがありましたらこちらからお問合せください。

>>>お問合せはこちら

  1. 学習方法等

    今日が人類最後の日になっても私が数学をする理由
  2. 学習方法等

    やる気を出す方法とモチベーションの維持
  3. 代数学

    線型代数はベクトル空間を探求する学問
  4. 幾何学

    Hopf-Rinowの定理から見た物理と幾何学の関係
  5. 数学

    常微分方程式の解の存在と一意性について
PAGE TOP