幾何学

触点とか内点と連続写像の本当にちょっとした関係

位相空間を学び始めるときに、Euclid空間の開集合とか閉集合で具体的なイメージを掴んでから距離空間そして位相空間という風に徐々に一般化していくことは少なく無いと思います。

実際このやり方はすごくいいと思います。というか具体例先に見た方がわかりやすくなるいい例だと思っているので、ある程度時間かけるのも当たり前だと思います。とはいえ、実際そんなに時間かけていられないという事情もあったりで、どれくらい詳しくEuclid空間の例でやるかは個人差があると思います。

特に、内点とか閉包って重要ですけど、位相勉強し始めた初期の頃ってなかなか定義の意味が理解できない人もいるのでは無いでしょうか。

というか現在教えている大学2年の数学科の方が悩んでいて、たまたま今日私の都合で時間が足りなくて説明できなかったところなので序でに記事にしてしまおうという風に考えました。

同じように悩んでいる方の助けとなれば幸いです。

内部は内点全体の集合、閉包は触点全体の集合のことで図を書くとイメージしやすくなります。私の書いた残念な絵を載せておきます。

ちなみに今日時間内に説明出来なかった命題はこれです。

任意の連続写像f \colon X \to Y と部分集合A \subset Xに対してf(\overline{A}) \subset \overline{f(A)}が成り立つ。

というすごく簡単でなんの変哲も無い命題だし、定義から簡単に導けるという意味では自力で考えるべき問題でもあると思いますが敢えて簡単だからと突き放すことなく丁寧に回答してみました。

簡単とはいえ、閉包の定義がしっかりと理解出来ていなければ、答えられない命題ではあるので定義の大事さについて理解する機会になってくれればと思います。

回答はこちらに置いています。

関連記事

  1. 大学以降の学習

    初学者のための数学書の読み方-効率的な数学の勉強方法とは

    最近指導する機会があった数学科の大学2回生にも数学書の読み方がそもそも…

  2. 幾何学

    Hopf-Rinowの定理から見た物理と幾何学の関係

    多様体についてある程度知っている読者向けに書いてみました。以下に私が書…

  3. 大学以降の学習

    大学以上の数学・物理の独学に役立つ無料サイトまとめ

    最近youtubeやブログなどで無料で良質な学習コンテンツが増えてきて…

  4. 代数学

    集合論速習(写像の定義と全単射まで)

    今回は線型代数の2回目の動画として集合論からの準備を講義形式でアップし…

  5. 学習方法等

    今日が人類最後の日になっても私が数学をする理由

    数学って本当につらい私が数学をする理由は楽しいからです。この一言に…

  6. 数学

    線型代数の線型の意味って何でしょうか?

    ベクトル空間とか線型空間とか言ったりしますが、これらは実は同じものなの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 幾何学

    Hopf-Rinowの定理から見た物理と幾何学の関係
  2. 大学以降の学習

    大学以上の数学・物理の独学に役立つ無料サイトまとめ
  3. 大学受験

    失敗から学ぶ大学受験勉強方法その2(物理)-正しい勉強方法を身につけて自習する
  4. 学習方法等

    やる気を出す方法とモチベーションの維持
  5. 大学以降の学習

    超弦理論の物理を楽しむために
PAGE TOP